Itoko Toma | 長島アンサンブル「青い鳥のハモニカ」に出演しました
560
post-template-default,single,single-post,postid-560,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.6.1,vertical_menu_enabled,paspartu_enabled,menu-animation-line-through,side_area_uncovered,wpb-js-composer js-comp-ver-6.1,vc_responsive

長島アンサンブル「青い鳥のハモニカ」に出演しました

トウヤマタケオさんと阿部海太郎さんにお声掛けて頂き、「青い鳥のハモニカ」に出演いたしました。

長島は悲しい歴史を孕む島。
何もよく分かっていない私が踏み込んで良いのかどうか迷いました。
だけど、お人柄も知恵も音楽も、包容力溢れるトウヤマさん・阿部さんと一緒になら、向き合えるような気がし、もしかしたら我々の奏でる音で誰かと誰かの間に橋を架けることができるかもしれない、と気付きました。
そして、トウヤマさんと阿部さんが目指していることの理解に努め、自分に今出来ることを一生懸命しようと思い、お引き受けしました。

「近藤宏一さんはベートーベンを愛聴なさっていたらしい。
彼の心象風景に迫るためにも、ベートーベンのピアノソナタを弾いてもらえたら。」
と、阿部さんから提案いただき、早速「月光」の第一楽章をさらい始めました。

コンサート当日、邑久町虫明、愛生園の浜には優しい波が絶えず寄せてきており、
月光の右手のアルペジオがいつもに増して波のように感じられました。
「入室する晩」という詩を朗読し終え、演奏した月光。
厳しいハーモニー、切ないハーモニー、そして、救いのハーモニー、
色々なハーモニーのアルペジオが寄せては返し、
静かに語られるメロディーを弾くうち、
私はベートーベンと近藤さんの心象風景を体感したように思いました。

その後、トウヤマさんが鶴島哀歌をギターで弾き語り、阿部さんがバイオリンで彩りを添えて。

「月光」は3楽章あるので、私は弾くときも聞くときも、3楽章に諸々のピーク想定して1・2楽章を捉えます。
鶴島哀歌がまるで3楽章の様に聞こえて来た時、私は溢れそうになる涙を必死に堪えたのでした。

まさに、私と近藤さんの間に橋が架かった瞬間だったように思います。
近藤さん、どこかで聞いていてくれてたら良いな。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「青い鳥のハモニカ」
演奏 トウヤマタケオと阿部海太郎
ゲストボーカル 当真伊都子

2017年のイマジナリー楽団の続編
今回は岡山在住の当真伊都子さんをゲストヴォーカルに迎え、かつて愛生園にあったハーモニカ楽団「青い鳥楽団」へのオマージュ演奏会を行います。
演奏会のあとは、青い鳥楽団のリーダーであった近藤宏一さんを通した楽団のお話しを近藤さんと親交のあった盈進中学高等学校の延 和聰先生と二人が語り合います。

日時:2020年 11月2日(土)
会場:長島愛生園 さざなみハウス
〒701-4592 岡山県瀬戸内市邑久町虫明6539
時間:開場 17:00 / 開演 17:30 (19:30頃終演)
料金:前売り 3,000円 / 当日 3,500円

出演者
トウヤマタケオ
阿部海太郎
当真伊都子