Itoko Toma | 2018/7/16 文化交流実験室「音楽と絵と映像と」事業延期のお知らせ
459
post-template-default,single,single-post,postid-459,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.6.1,vertical_menu_enabled,paspartu_enabled,menu-animation-line-through,side_area_uncovered,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.5,vc_responsive

2018/7/16 文化交流実験室「音楽と絵と映像と」事業延期のお知らせ

 雨が降り始めたのは、特別警報が出る前の日からだった。いつもとは違う降り方に、非常事態を予感し、そして、どんどん強くなっていく雨音を聞きながら、為す術無く身を縮めて過ごす、本当に怖い夜だった。そして翌朝。ここから数キロ先の、あの景色。愛着のある川が溢れていた。私にとって、氾濫、決壊、、という言葉は、ニュースで知る言葉では無く、伝説や教科書から知る言葉だった。

 こんな時、自分にも「命を救う」ことが出来たらと思う。その力が無いことが心底悔しい。消防隊員、警察官、自衛隊員、医師団、報道、市役所職員、おそらく特別警報発令時から身を捧げて奔走し続けているであろう方々を、そして過酷な状況にある方々を私は積極的に応援したい。
その為に、自分にできることは何だろう。

 音楽の力で、「命を救う」ことは出来ない。でも、「命を支える」ことは出来ると信じている。楽しさや美しさには命を躍動させる力がある。私はその力にたくさん支えてもらってきた。私は音楽の力を信じ、今自分が出来ることに一生懸命取り組もうと思う。
 共に怖い夜を経験したこと、忘れないよ。

 今日も晴れの国は、晴れ。その日差しを浴びて、桃やぶどうが実っていく。今年もその味わいを楽しみにしている。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

・公益社団法人 岡山県文化連盟より
  事業延期のお知らせ

平成30年7月豪雨により被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

この度、倉敷市立美術館が避難所となったため
本事業は延期とさせていただくこととなりました。
詳細は決まり次第WEBサイト等で発信いたします。

お申し込みいただいた皆様には個別にご連絡いたします。
ご理解のほど、何卒宜しくお願い致します。

http://o-bunren.jp/post-127-3/