Itoko Toma | 岡山県立美術館「目の目 手の目 心の目」part.2
485
post-template-default,single,single-post,postid-485,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.6.1,vertical_menu_enabled,paspartu_enabled,menu-animation-line-through,side_area_uncovered,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive

岡山県立美術館「目の目 手の目 心の目」part.2

ギャラリーコンサート「音とともに」出演のお知らせ

南川先生にお声掛け頂き、五感を使って美術を体験しようという展覧会「目の目 手の目 心の目」にて「聴覚」を担当することができることになって4ヶ月。先生の手描きの図面を見せて頂いてから4ヶ月。間も無く会期を迎えようとしております。とうとう南川先生の作品に包まれて演奏することができる!
作品を想像しながら作曲しました。ぜひ会場で五感を使ってお楽しみ頂ければと思います。

一期一会の気持ちを込め、私たち3人しっかりその場に臨むことができますように。
まだまだ暑い道中、どうぞお気を付けて。皆さまとお会いできますことを楽しみにしております!

ギャラリーコンサート「音とともに」
8月30日(金) 岡山県立美術館 2階展示室にて
1回目 午後3時~3時30分
2回目 午後6時~7時 (美術の夕べとともに)
参加費無料(要観覧券)

 

::公式サイト::
https://okayama-kenbi.info

 

ピアノ:当真 伊都子
ギター:小西 泰寛
チェロ:山口 里美

 

木と金属から生まれた楽器を演奏する。
木と金属を叩く(たたく)、擦る(こする)、弾く(はじく)、ことから様々なニュアンスを持った音が生まれます。
そうやって各々の手元から生まれ、響き合うナチュラルなハーモニーが、居並ぶ作品に寄り添います。
ご来場のお客さまがより深く作品と対話できる時間が生まれるよう願いながら、柔らかなアンサンブルで空間を満たします。
ミュートするようプリペアードされたピアノと、フェルテッドなピアノの音色と相性良く爪弾かれるギター、そして、ベースラインにもメロディーにも成り得る優しいチェロ、のアンサンブルから生まれる音楽を南川作品の中で演奏します。